良いかかりつけ医の見つけ方

シェアしていただけると励みになります!

2016年4月から医療制度が変わり、大病院(ベット数500床以上)で診てもらうには「かかりつけ医」の紹介状が必要で、紹介状が無い場合は窓口で追加負担を求められ、初診で五千円以上、再診で二千五百円以上が必要となる。

そこで問題になってくるのが、普段から大病院に行っている人や特に決まった病院に行っていない人が、どうやってかかりつけ医を見つけるのか?良いかかりつけ医を見つける方法は?

かかかりつけ医って何?

かかりつけ医とは、病気になったとき、真っ先に相談できる地域のお医者さんのことです。

日頃の診察で病状や治療法についての詳しい説明を受ける他に、健康相談をしたり、各種保健・医療・福祉のサービスの提供や、必要に応じて適切な専門医や病院・医院の紹介をしてくれます。

かかりつけ医に、自分の病歴や体質を知ってもらえば、急に具合が悪くなっても安心して診てもらうことができます。

持病のある方はもちろん、元気な方でも、ご自身あるいはご家族の健康についての相談相手として、かかりつけ医をお持ちになることをお勧めします。

子どもから大人まで、信頼出来るかかりつけ医に健康管理をしてもらうことは、病気の予防・早期発見・早期治療につながりますので、まず、かかりつけ医に診察してもらい、さらに、詳しい検査や高度な治療が必要と診断された場合には、 必要な情報を添えて、適切な医療機関を推薦してもらいましょう。  出典:私のクリニックを探そう

今の日本で、かかりつけ医を持っている人がどれくらいいるんだろう?

風邪ひいたと思ったら内科、腰が痛かったら整形外科、足が痒かったら皮膚科みたいな人たちと、いろいろ行くのが面倒だから総合病院って感じだと思う。

かかりつけ医になれるお医者さんはどれ位居るの?

かかりつけ医のイメージはDr.コトー診療所のコトー先生がぱっと思い浮かんだけど、総合的に何でも見てくれるお医者さんを持てと言っているのか、それぞれの専門のお医者さんが何人もいてかかりつけ医を持てと言っているのかがよく分からなく、コトー先生みたいな先生って町の開業医でどれ位居るのだろう?

良いかかりつけ医の見つけ方

1.家の近くで、近所の評判が良いところ。

家の近くで病気のことなら何でも相談できる所があれば心強い。評判は人によってかなり違ってくるので、子供から年配の方、男性、女性などいろんな人に評判を聞いて良いところを選ぶ。

2.患者の話をしっかり聞いてくれて、気軽に相談しやすい。

話を聞いてくれるというのが大事。不安な事や質問など丁寧に話を聞いてくれて、先生に話しやすいというのも大事なことだと思います。先生と患者にも相性はありると思います。

3.病気、治療、薬などについてわかりやすく説明してくれる。

専門用語を使って何のことがかわからない説明ではなく、わかる言葉で、わかりやすく説明してくれること。

4.必要に応じて、適切な専門医を指示、紹介してくれる。

専門外のことは適切に専門医を紹介してくれること。分からないことはわからないとはっきりと言ってくれて、この先生に診てもらって来て。と紹介してくれるような先生。

まとめると

かかりつけ医の制度が始まったのかな?ってくらいニュースではあまりやっていなかったけど、大病院が混まなくなるとか多少のメリットもあるみたい。

自分でかかりつけ医を決めたら、お互いに信頼関係を築いていかないとこの制度の良いところが発揮されないと思うので、患者側にも積極的に信頼関係を作る努力も必要になって来ると思うので、はじめに良いかかりつけ医を見つけるのが大切になってきますね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると励みになります!

更新情報をお伝えしてます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)