子供を使った追跡実験

気になった事

いつも読んでいるメルマガで、こどものある実験を紹介していたので、うちの子供のことと比較して考えてみた。

スポンサーリンク

マシュマロ実験って何んだろう?

実験の内容は、4歳の子供を集めて何にも無い部屋の中に机と椅子を置き、机の上には皿が一枚あって、皿の上にはマシュマロが一つあって「マシュマロを今食べてもいいけど、15分我慢できたらもう一つあげるよ」という実験。

すぐに食べちゃう子供もいれば、いろいろな方法で15分我慢してもう一つのマシュマロをもらう子供が居て、ここからがこの実験の面白いところで、追跡調査でこのこども達がどういう人生を歩んでいるかを調べた実験だ。

我慢できる子供

マシュマロを我慢できる子供は、マシュマロをどうにかこうにか忘れることが出来る子供たちで、見ないようにしたり、見えないところに行ったりして15分をやり過ごした子供たちです。意図的にマシュマロのことを考えないようにして、15分という時間をやり過ごせる子供たちが、もう一つのマシュマロをゲットしていたようだ。

我慢できない子供

マシュマロのことを忘れられない子供で、マシュマロを食べたときの食感とか味とかを、ついつい考えてしまって15分後にもう一つ貰えるということよりも、目の前のマシュマロを食べたらばかりを考えてしまって食べてしまった子供。

追跡調査

マシュマロの実験から何十年かの追跡調査が行われて、マシュマロを我慢できた子供たちは大学進学率がよく、マシュマロを我慢できなかった子供たちは、学校での問題行動が多い子供が多かったようだ。

我慢強さを育むには?

うちの息子(9歳)は、我慢が出来ない子?以前考えたテレビゲームの時間に関する制度は、ゲームする前に30分勉強したら45分ゲームをしてもいいよ。でも勉強する前にゲームをしたら一日のゲーム時間は30分だよ。

マシュマロ実験そっくりです。結果は一週間持たないで、勉強の前にゲームになってました。しかも、時間を少しづつ延ばして結局40分とか45分ゲームをして、勉強は20分みたいな感じで、約束自体をごまかされています。

結局、どうすれば我慢できるようになるのかということはマシュマロ実験では分かっていないにですが、うちの息子が困った状況なのはわかりました。

まとめます。

うちの息子は我慢をするのが苦手です。育て方に問題があったんだと夫婦で話し合っています。好きなことを頑張ることは出来ると思ってます。好きなこと限定で根気もあります。我慢を出来る子供に育てるためにはどうすればいいか教えてください。

 

 

 

 

 

 

コメント