居酒屋でおなじみのホッケって3種類居るって知ってました?

シェアしていただけると励みになります!

北海道の春ホッケ釣りの季節がもうそろそろです。ホッケといえばやっぱり定番は開きですよね。うちでもよく買って食べるんですが、ホッケにも3種類あるのを知ってますか?正確には2種類の魚と他の育ち方をした1種類。

真ホッケ

道内のにスーパーなどで売っているほけの開きはこの真ホッケが主流で、安い時で1枚198円とかで売ってます。

北海道でホッケ釣りといえば春の日本海で浮き釣りというイメージが強いのですが、場所によっては投げ釣りで釣れる所もあれば、船で釣りに行って季節に関係なく釣れる場所もあります。

では、いつごろが旬なのかというと、7,8月の「礼文」(北海道の日本海の北の方にある島)9,10月の「羅臼」(世界自然遺産の知床の真ん中位の所)11,12月の「日高」(北海道太平洋側)…は、「三大ほっけ」と呼ばれているらしい。

ホッケは開きも美味しいけど、フライも美味しいです。煮付けもいいな!すり身にして味噌汁とか鍋もいいです。

道民にはとってはソウル魚?ソウルフィッシュです。

縞ホッケ

本名はキタノホッケ。道内では羅臼産とかロシア産とかの開きが売っていて、なぜか縞ホッケの開きは背開きなような気がします。気のせいかな?真ホッケの開きで背開きは見たことが無いので見分けるために背開きにしているのかも?

縞ホッケの開きは大きいものが多く、羅臼産とかは1枚398円とか498円とかしてます。ロシア産でも298円はしているので真ホッケよりは少し高いです。でも少し高い分の大きさと油の乗りは感じれると思います。

根ホッケ

船で根魚を釣りに行ったときにたまに釣れて、大きさは40cm位はあったと思います。真ホッケが根に定着して大きくなった固体で、うちのじいちゃん達はこの大きなホッケを「バカボッケ」と呼んでいて、よく煮つけで食べていた記憶があります。油が乗った美味しいホッケという記憶がありますが、開きで食べたことはありません。バカボッケの開き食べてみたいな。

まとめると

道民のソウルフィッシュ ホッケ。いろんな食べ方が出来て本当にうまいんです。

まとまりました?

追伸・ホッケの開きの作り方

1 なるべく新鮮なホッケを手に入れます。

2 3枚に下ろしたらダメですよ。

3 上手に背開きにします。(失敗も成功の元)回数をこなせば出来るようになります。

4 きれいに洗います。えらとかも取ってください。血合いも。

5 5%の塩水に30分漬けます。(1Lの水に50gの塩)塩にこだわって!

6 キッチンペパーでよく水気を取ります。

7 一晩くらい干します。(冷蔵庫にラップとかしないで一晩でもOK)

8 完成です。

上手に焼いて、少し醤油をかけて食べるくらいの塩加減だと思います。

お試しあれ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると励みになります!

更新情報をお伝えしてます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)