春の甲子園の21世紀枠ってどういう制度?

シェアしていただけると励みになります!

少し前、春の甲子園の組み合わせ抽選会のニュースをやっていて、21世紀枠同士の対決になった。ってニュースになっていたて気になったことを調べてみた。

いまさらだけど21世紀枠って何だろう?

新たな世紀21世紀になり、高校野球の選抜でも新たな改革が始まった。 21世紀枠である。 部員不足などの困難の克服したチームや、文武両道で他校の模範となるチーム、あと一歩で甲子園ながらチャンスを逃し続けているチームなどを別枠で選抜甲子園に出場させ、多くの野球部員に夢と希望を与えようというもの。                              出典 高校野球21世紀枠選考基準

よく分からない!そこで、今年の21世紀枠の高校の選考理由

香川県立小豆島高等学校:部員17人ながら自主性を持って練習に取り組み、秋の県大会決勝で(その後の四国大会と明治神宮大会を制する)高松商を破って初優勝。少子化の時代に生徒減に悩む学校の希望の星となった。

岩手県立釜石高等学校:東日本大震災で部員24人中9人が自宅を失い、親を亡くした部員もいる。グラウンドを6つの運動部で共用する厳しい環境に負けず秋の県大会で準優勝。

兵庫県立長田高等学校:阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた神戸市長田区にある県内屈指の進学校。同じ敷地内に夜間定時制と通信制の高校が併設され、練習が制限される中で秋の県大会8強入り。    出典 Wikipedia

要は秋の大会でいい成績を収めていて、他の高校球児に頑張れば「俺たちも春の甲子園に出れるかも」と思わせるようなチームや、社会に感動を与えられるようなチームが選ばれているようだ。

21世紀枠で出場する高校と同じ県の学校は?

21世紀枠の高校は秋の大会で優勝した高校とは違う、もう少しだったのにって学校だとしたら、秋の大会で優勝した高校は春の甲子園には行けているのか?

兵庫県 平成27年度 秋季兵庫県高校野球大会 優勝 明石市立明石商業高等学校 出場

岩手県 第68回 東北地区高等学校野球岩手県大会 優勝 盛岡大学附属高等学校 未出場

香川県 秋季香川県大会 優勝 香川県立小豆島高等学校 21世紀枠で出場

香川県 第68回 秋季四国地区高校高校野球大会 優勝 香川県立高松商業高等学校 出場

秋季各都道府県大会・地域大会(全国10ブロック)の成績が春の選抜大会出場校・並びに補欠校を決める際の重要な選考資料となる。また、出場校が記念大会を除いて最大32校、記念大会でも最大36校と定められているため、1ブロックとして定められている東京都・北海道を除けば、出場校が1校もない府県が毎回生じる    出典 Wikipedia

まとめ

全国10ブロックの秋季地区大会で各地区ごとに決められた出場数までの順位に入れば、春の甲子園に出場出来そう?って感じかな?まとまってなくてゴメンナサイ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると励みになります!

更新情報をお伝えしてます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)