夜尿症は父ちゃんのせい?

シェアしていただけると励みになります!

「ねえ聞いてー!?」

「朝、大変だったんだーよ!」

「シーツはがして」

「ファブリーズして」

「布団乾燥機かけて」

「仕事行くのギリギリだったんだよ!」

私が仕事から帰って来て、妻に聞かされた朝の出来事です。

つまりは、息子(9歳)がおねしょをしてしまって朝大変だったと言う話なんですが、いつもはパンツが少しだけ濡れるくらいのおねしょなのに、今朝はパンツもパジャマも濡れて、布団まで濡れていたので、妻もビックリして息子の前なのに朝大変だった話を私にしてしまったようです。

夜尿症治療の3原則 焦らず・怒らず・起こさず

息子が幼稚園の年長さんくらいの時から、息子のおねしょが気になり始めて、夫婦で色々話し合ったり、ネットで調べたりして、決めたのは夜尿症治療の3原則「焦らず・怒らず・起こさず」をとりあえず守っていこう。と話し合っているのに、言ってしまう時があるんです。

「寝る前おしっこして寝たのか?」とか

「今日は本当におねしょしてないのか?」とか

「パンツ隠してないか?」とか言ってしまうんです。

夜尿(おねしょ)にストレスが関係しているということも知っていて、妻ともあんまり言わないようにしようねと話しているのに言ってしまいます。

妻も娘(13歳)も息子が今年5年生になって宿泊研修があることが気になっているらしくてもし宿泊研修でおねしょをしたらかわいそうでしょといって、息子に時々おねしょの話をしてしまっているようです。

息子の夜尿症は父ちゃんのせい?

私も小さい頃よくおねしょをしていた記憶があり、たぶん小学校の2年生くらいまでしていたと思う。じいちゃんの家に泊まりに行くとか、いとこのうちに泊まりに行くとかおねしょ大丈夫かな?って心配しながらお泊りに行っていた記憶がある。

私の弟も3年生くらいまでおねしょをしていて、母親が布団カバーやシーツを毎日毎日洗濯していたのを覚えている。

夜尿症が遺伝的背景が大きいと言われていて、両親に夜尿症が無い子供が夜尿症になる確率は約12%しかないのに対して、片方の親が夜尿症の場合約45%もになり、両親が夜尿症の場合約78%の確立で夜尿症が遺伝するらしい。

そう考えると、息子の夜尿症の原因は私にあるんだと思う(妻は夜尿症なし)。しかし、私もいつの頃からかははっきり覚えていないけど夜尿症を克服出来たので、息子も克服できると思っています。だから「焦らず・怒らず・起こさず」気長に見守っていきたいと思います。

私と弟の夜尿症は両親のどっちの遺伝なんだろう?もしかして両親とも?

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると励みになります!

更新情報をお伝えしてます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)