キャンピングカーのタイヤが破裂

ニュース

新潟の高速道路を走っていたキャンピングカーの

後ろのタイヤが破裂して、車が横転し

乗っていた5歳の男の子が首の骨を折って亡くなった事故があった。

 

時々ニュースに出る、キャンピングカーのタイヤの破裂は

どうして起こるのか調べてみた。

 

一番の原因に考えられるのがタイヤの空気圧不足で

空気圧不足のまま高速走行すると

タイヤが変な形で回転して

急速にタイヤが加熱して破裂するというものらしい。

 

もともとキャンピングカーは色々な物を積んでいて

普通の車よりも重量があり

 

車が重たいから、タイヤへの負担が大きくなって

劣化が早まるみたい。

 

タイヤが劣化してくると、ゴムが硬くなり

ひび割れを起こしたり、ひどくなると

亀裂が入ったりして

 

車を走行中、その亀裂から

最悪の場合、タイヤが破裂するらいし。

 

キャンピングカーに限らず車を運転する時は

タイヤの点検をこまめにして

ひび割れや亀裂が無いかを確認して

 

スタンドに行ったら時々はタイヤの空気圧を点検して

適正な空気圧にしておかないと

 

運転中にタイヤが破裂して大事故につながる

事故に遭うかもしれないということが

よくわかりました。

 

 

コメント