おいしさが長持ちするインスタントコーヒーの開け方

シェアしていただけると励みになります!

コーヒーのおいしさの要素の一つに香りがあります。

インスタントコーヒーも開けたばっかりの時は、香りも強くかなりおいしく感じますが、時間が経つとコーヒーの香りがなくなって、味気ないものになってしまいます。

そこで、インスタントコーヒーの香りが長持ちする方法を紹介したいと思います。

KIMG0188

インスタントコーヒーを開けたところです。

この上の紙がついている状態がこのインスタントコーヒーの蓋のベストな状態で、香りが一番逃げない状態です。そのことを踏まえて

KIMG0190

ビンまで包丁を入れます。

KIMG0191

ビンに沿って包丁を動かしていきます。

KIMG0193

ぐるっと一周した状態です。淵に紙が残っている状態がいいんです。

KIMG0194

切り取った紙です。

まとめ

プラスチックの蓋を外した時、紙で香りを守っているので、紙があってプラスチックの蓋があるのがベストな状態なので、ビンの淵に紙を残すのがいちばん香りを閉じ込めておけます。

なのでおいしい状態のインスタントコーヒーが長く飲めます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアしていただけると励みになります!

更新情報をお伝えしてます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)